世界のペット用品通販ポッシュペットクラブ / 「ペットと私の便利帳」|第8回「愛犬・愛猫の夏バテ対策 【基礎知識編】」

Posh Pet Clubがお送りする生活応援コラム「ペットと私の便利帳。」

第8回 元気に日本の夏を乗り切ろう!知っておきたい基礎知識

~ 夏対策に関する基礎知識 ~

だんだん汗ばむ季節になるにつれて、人にとっても犬にとっても過ごしにくい季節となります。
また、犬は、人と違い、犬の皮膚には汗腺がなく、体表から熱を発散できない動物なので、暑さに強くありません。
このことから、犬は、日本の高温多湿な気候があまり得意ではない為、飼い主さんが日頃から注意し、愛犬の体調に配慮することが大切です。
飼い主さんは、夏の暑さから大切な愛犬を守るためにも、日頃から、暑さ対策など、基礎的な知識を身につけておきましょう。

暑いときの代表的な病気と言えば熱中症

暑い季節(特に夏)の代表的な病気といえば熱中症です。熱中症は時に愛犬・愛猫の命を奪ってしまうほど危険な病気です。
気温が高くなり、その暑さによっては、自分自身で身体の体温調整が上手く出来ず、臓器などに障害が生じる状態のことです。

熱中症になると、体や耳などの体温が上昇し、呼吸が荒くなります。
そして、粘り気のあるよだれや嘔吐や下痢をします。さらに、一時的にふらついて倒れてしまうことや、筋肉の震え・けいれん発作が見られる症状があれば、すぐかかりつけの病院に相談しましょう。

熱中症になりやすい状況

外で飼っている場合の日中

犬は汗をかく機能が未熟で、体に熱がこもりやすく、体温が上昇しやすくなります。
特に、気温が体表温度より高くなると人のように熱を逃がすことができず、反対に周りの熱を吸収するおそれもあるのでご注意下さい。

暑い日の日中の散歩は、照り返しの影響を受けやすい

暑い日中に散歩すると、人よりも身長が低いため、地面から照り返しの影響を強く受けます。このため、人が暑いと感じているとき、犬はさらに高温の環境下にいる事になります。
大人の顔の高さで32度の時、犬の顔の高さでは40度前後くらいあるといわれています。
場合によっては、40度から60度にもなり、 愛犬の肉球が火傷を起こしてしまうこともあります。

暑い日に長時間のお留守番

犬・猫は、自分で水分を補給することができないので、水分の補給は飼い主さんが、十分な水分補給ができるように飲み水は十分に自由に飲めるように用意しておく必要があります。
また、水はすぐ熱くなりますので水温が上がらないように置き場所に注意してください。

車内への置き去り

夏の暑い日は、愛犬猫を自動車内に放置したことにより、熱中症にさせてしまう飼い主さんが後を絶ちません。
また、夏以外でも、暑い日に「少しの時間なら大丈夫かな」と車の中に残したままにしてしまうと、熱中症にさせてしまうことを知らない飼い主さんも多いようです。
車内の温度は、短時間で一気に上昇します。冷房をつけていても、何かの拍子で切れることもあります。季節にかかわらず、わずかな間であっても、車内に愛犬・愛猫だけを残さないでください。

暑い夏の海やアウトドアなど

外出中に多く熱中症を発生させてしています。
愛犬と遊びに夢中になり、体温が上がっているのに気付かずに水分を補給することや日陰などで休憩するなどの暑さ対策ができないと熱中症への危険を高めます。ご注意下さい。


愛犬・愛猫の熱中症対策にちょっとした勘違い?

愛犬家・愛猫家のみなさんも熱中症対策には、とても注意されるようです。 いくつか紹介します。

熱中対策に水分と塩・・・余分な「塩分摂取」は禁物です

熱中症対策にはこまめな水分の補給が重要です。多くの飼い主さんもご存知です。
けれども、「塩分」の補給も重要だと思っている飼い主さんも増えているとか・・・・。
人の熱中症対策商品として一時期、塩飴(しおあめ)が注目されていたので「塩が体にいいのか」と犬猫に塩分を与える飼い主さんもいるようですが、犬・猫に余分(過剰)な塩分を与えると、脱水を助長し、循環器系の病気を悪化させる原因になります。余分な塩分摂取は禁物です。

熱中症対策の温度管理・・・冷風を愛犬・愛猫の体に直接あてないで!

熱中症対策で、室内の温度管理は、エアコンとエコのために、扇風機を使用しているという飼い主さんも多いと思います。
その扇風機は必ず、冷たい空気を巡回させるために使用してくださいね。愛犬・愛猫に扇風機の風を直接あてていても、愛犬・愛猫は、人間と違っての体表に汗腺が少ないため、扇風機の風の涼しさをさほど感じません。もし直接、愛犬猫に冷たい風をあてていると体温を冷やしすぎてしまい、体調を崩す原因となります。
特に、子犬・子猫の場合は、冷やし過ぎると命を落とす場合もありますのでご注意下さい。

飲料水を置いていれば大丈夫は過信!?・・・かくれ脱水になるかも

熱中症対策で、愛犬・愛猫の飲み水は、いつでも自由に飲めるようにしましょう!と毎日のように喚起されています。
人は健康のために水を飲みますが、愛犬・愛猫は、健康増進目的で、飲水することはありません。特にシニア期の犬・猫は、各臓器(特に腎臓)の機能が低下し、運動量も少なめになり、喉の渇きを感じにくい(喉が渇く自覚も減ってきます)状態なので、飼い主さんが意識的に水分を愛犬・愛猫に与えなければなりません。
例えば、ドライフードの場合はふやかして与える、または、水分の多いウェットフードをトッピングするなど、食事中の水分を増やして与えると良いと思います。

暑さに強くする飲み物として、牛乳ではなく、「ペット用ミルク」を

熱中症対策で、暑さに強くなる方法は、運動後にたんぱく質を摂ることで、運動の後に牛乳を飲むことが良いと注目されています。
テレビなどでも取り上げていました。でも、人に良いからと言って、「人用の牛乳」を愛犬・愛猫に与えていると、消化器官で牛乳に含まれる乳糖がラクターゼに分解されず軟便・下痢をする場合もあります。
愛犬・愛猫も暑さに負けないために良質なたんぱく質を摂ることが必要です。愛犬・愛猫には、犬用・猫用のミルク、もしくはヤギミルクなどがお勧めです。また、愛犬・猫用の経口補水液などもありますので、動物病院に相談するのもいいかもしれません。


夏は、犬も「夏バテ」があるようです

日本の夏は、「夏バテ」という言葉があるように体力を消耗する季節です。
高温多湿になる日本の夏は、人間の身体でも、体温を一定に保とうとして必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられます。

そもそも、暑さに弱い犬は、身体に溜まった熱を外に出すことが難しい動物です。
暑さが長く続くと、暑さに対応することに身体が疲れて、疲労がたまり、体がだるくなったり、食欲が落ちたりする状態になります。
いわゆる「夏バテ」の状態に陥ってしまいます。犬が「夏バテ」になると、胃腸の働きが弱くなること等の原因で持続的な食欲不振や体重の低下などから、免疫力が低下し、体全体に影響する状況へと進行します。
「夏バテ」といえども愛犬の体調に、極端な変化が見受けられる場合は、かかりつけの病院に相談する方がよいでしょう。

【夏バテによる食欲不振に関して】

「夏バテ」して、愛犬がいつものご飯をあまり食べないと気づいた時に食欲を回復させるためのポイントを紹介します。
食欲回復につながるヒントがあるかもしれません。気長にできることから試してみてください。

まず、いつも食べているフードを見直してみましょう

暑さに負けないためにも、必要なのは、良質なたんぱく質です。
犬は主に肉食なので、主原料がお肉であることと、その他の原料の質や量など栄養バランスが犬にとって考えられたドライフードがお勧めです。

ドライフードを与えている場合は、フードを水やお湯でふやかして与えてみましょう

ウェットフードには水分を含んでいるので食事から、水分補給ができます。

与える回数を1日の食事量を少量ずつ数回に分けてあたえてみましょう。

暑さに慣れさせるために、あまり暑くない時間帯に無理ない程度に、

適度な運動をしましょう。間食であるおやつ等の量も考えることも大切です。

昔から人は、「夏バテ」した時に回復させるための食事を工夫しています。 うなぎや鱧を食べるなど・・・
愛犬も夏バテを回復するために飼い主さんが工夫して食事を与えてあげる工夫が必要です。
いろいろ工夫して与えた食事を丸1日、何も食べないような場合は、病気による体調不良の可能性も考えられるので、かかりつけの病院に相談してください。


夏の暑さに備える

■暑さ対策のための体力作り!
夏の暑さによって、犬も体も水分だけでなく、体力も奪われます。
免疫力も弱まり、熱中症になりやすくなります。暑さ対策のための水分補給として、「水」を飲むだけでなく、良質なたんぱく質や免疫力を維持するお水サプリメントなどおすすめです。

水分と一緒に良質なたんぱく質を摂ろう!

ドッグフードには、ウェットフードという水分70%を含んでいるフードがあります。水分10%以下のドライフードを与えている場合、ウェットフードに切り替えるまたは、トッピングすると水分を効率よく摂取できます。
【犬用商品】
・ジウィピークドッグ缶
・シュプレモカロリーケア
【猫用商品】
・ジウィピークキャット缶

犬は犬用のミルクがベスト

【犬用商品】
・やさしいみるく 犬用 200ml
【猫用商品】
・やさしいみるく 猫用 200ml

免疫力を維持するお水のサプリメント

【犬・猫用商品】
・お水のサプリPETWATERパントワンW(小型犬・猫用)

お水を上手に飲ませるために工夫

【犬・猫用商品】
・ネイチャーズファウンテンエコ (給水器内の水が流れる)
・ワンプレ おやつキット・ミニ (ペット用製氷器)


ジウィピークドッグ缶 シュプレモカロリーケア ジウィピークキャット缶 お水のサプリPETWATERパントワンW(小型犬・猫用)
ジウィピークドッグ缶 シュプレモカロリーケア ジウィピークキャット缶 お水のサプリ
PETWATERパントワンW
(小型犬・猫用)
やさしいみるく猫用 200ml  やさしいみるく 犬用 200ml ネイチャーズファウンテンエコ (給水器内の水が流れる) ワンプレおやつキット・ミニ(ペット用製氷器)
やさしいみるく
猫用 200ml 
やさしいみるく
犬用 200ml
ネイチャーズファウンテンエコ 
(給水器内の水が流れる)
ワンプレ
おやつキット・ミニ
(ペット用製氷器)
< Prev Next >
ページトップ