愛犬の食餌と体調管理なら【ポッシュペット】

  • 16時までの注文なら翌日到着
  • 初回購入時に入会金500円でずっと送料無料会員

商品カテゴリから探す

愛犬の食餌と体調管理

愛犬の画像 愛犬の画像

愛犬の健康は食事と体調管理から

栄養学的に犬の食事には、総合栄養食のドッグフードと新鮮な水があれば、身体の健康が維持出来るとされています。けれども、愛犬それぞれの生活環境や個体差などによっては、必要となる栄養素や与えるフードの量には違いがあります。

仮に、愛犬の運動量や筋肉の活動量に変化があることに気づかずに、同じドッグフードを同じ量与え続けた場合、犬の体は、痩せ過ぎたり、太り過ぎたり、筋肉が細くなったりなど、好ましくない影響を受けてしまうことが考えられます。
また、ドッグフードに含まれる原料によっても、犬の身体に痒みや軟便、食欲減退などの不調が表れることがあります。

この様に、犬の身体はドッグフードによる影響を受け易く、愛犬の健康を図るには、食事と体調を合わせてみる必要があります。

分かりにくい犬の体調

愛犬の画像

愛犬にバランスの取れた食餌を与え続けることは、必ずしも簡単なことではありません。
犬の体調をどのように管理していけばよいかわかりにくいと思われます。
人の子どもであれば、 熱があるとき、下痢・嘔吐のときなどや体調が悪いことを親に伝えたりすることで気づきます。

しかし、犬は体調が悪くても、表に出さないことがほとんどです。
そもそも、野生だった犬にとって、体調が悪い姿を見せることは、相手(敵)に攻撃されるという危険にさらされてしまします。
危険から身を守るためにも、体調が悪くても我慢する習性が身についているので、本能により体調不良を表に出しません。怪我をしても痛みを本能で我慢してしまいます。決して痛みを感じないわけでもなく、痛みに強いわけでもありません。

このように、犬が身体の不調を隠すので、愛犬が体調が悪くても、見逃してしまう飼い主さんも多いのです。

毎日のチェックとその方法

愛犬の画像

では、愛犬の体調はどのようにチェックしたらいいのでしょうか。
犬の状態は、皮膚や被毛、食欲、排泄物などに、顕著に表れます。定点観測と同じ様に、体調は毎日チェックをすることで、私たちはささいな愛犬の変化にも気づくことができるのです。

チェックポイント

 ❶ 排泄物(うんちとおしっこ)
犬の消化器官は、口で食べ物をかみ砕き細かくし、各消化器官が運動しながら消化液の働きによって、摂取した食べ物を小さい分子に分解します。そうして分解された栄養素の大部分は、小腸で吸収されます。万一、健康な消化機能を維持できていなければ、ウンチの硬さや色、ニオイ、量に異常があらわれます。
うんちのイラスト
 ❷ 食欲と飲水量
犬にとって食べることは、楽しみであり、生命の維持するための原点です。欠かせない「食欲」「飲水」がなくては大変なことです。毎日、愛犬がどれくらい食べているか、飲水は十分かをチェックします。特に、体力のない子犬やシニア犬の場合には、病気の早期発見など重要なポイントになることがあります。
また、食欲の変化と合わせて、愛犬のふだんの体重を把握しておくといいでしょう。獣医さんに行くとまず体重を計りますが、体重はそれだけ大切な検査項目です。食欲の変化と合わせて、普段の体重からどう変化したかを一緒に伝えることが出来れば、診断の助けになります。
フードを食べようとするワンちゃんのイラスト
 ❸ 皮膚と被毛
犬の皮膚・被毛の形成には、多くの栄養素がかかわり、特定の栄養素が不足するとかゆみや脱毛、フケ、湿疹、涙焼けなどの症状が表れます。そのような変化はないか愛犬の身体に触れて確認をします。
また、皮膚と被毛には役割がありますが、皮膚と被毛に異常があれば、それらの役割に支障をきたしてしまうことも考えられます。
体を掻くワンちゃんのイラスト
 ❶ 排泄物(うんちとおしっこ)
犬の消化器官は、口で食べ物をかみ砕き細かくし、各消化器官が運動しながら消化液の働きによって、摂取した食べ物を小さい分子に分解します。そうして分解された栄養素の大部分は、小腸で吸収されます。万一、健康な消化機能を維持できていなければ、ウンチの硬さや色、ニオイ、量に異常があらわれます。
うんちのイラスト
 ❷ 食欲と飲水量
犬にとって食べることは、楽しみであり、生命の維持するための原点です。欠かせない「食欲」「飲水」がなくては大変なことです。毎日、愛犬がどれくらい食べているか、飲水は十分かをチェックします。特に、体力のない子犬やシニア犬の場合には、病気の早期発見など重要なポイントになることがあります。
また、食欲の変化と合わせて、愛犬のふだんの体重を把握しておくといいでしょう。獣医さんに行くとまず体重を計りますが、体重はそれだけ大切な検査項目です。食欲の変化と合わせて、普段の体重からどう変化したかを一緒に伝えることが出来れば、診断の助けになります。
フードを食べようとするワンちゃんのイラスト
 ❸ 皮膚と被毛
犬の皮膚・被毛の形成には、多くの栄養素がかかわり、特定の栄養素が不足するとかゆみや脱毛、フケ、湿疹、涙焼けなどの症状が表れます。そのような変化はないか愛犬の身体に触れて確認をします。
また、皮膚と被毛には役割がありますが、皮膚と被毛に異常があれば、それらの役割に支障をきたしてしまうことも考えられます。
体を掻くワンちゃんのイラスト

皮膚被毛の役割

  • ✔ 細菌・ウイルスなどの刺激から身体を守る役割
  • ✔ 身体の水分などの損失を防ぐバリア機能の役割
  • ✔ 被毛の生え変わりによる季節の寒暖差から体温を守る役割

※病気が疑われるような変化・不調の場合には、早めに獣医さんへ受診されることをおススメします。
 日頃の変化をもとに動物病院を受診すると獣医さんに愛犬の体調を理解してもらいやすく、診断や診療の助けにもなります。

健康に繋がる食事のポイント

愛犬の画像

犬が健康で元気に成長し、生きていくため良い食事とはどのようなものでしょうか。
“お肉をいっぱい食べる”、“タンパク質をいっぱい摂る”、“野菜などのビタミンもしっかり摂る” などさまざまなことが言われます。

これらは必ずしも間違いではありませんが、『どの栄養素もバランスよく摂ること』が良い食事の大前提にあることを忘れてはいけません。

栄養バランスの基本

栄養素には『タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル』の5つがあります。5つの栄養素は、犬の成長と健康維持のために、それぞれが役割を持ち、どれも犬の身体の状態を一定に保つための大事な栄養素です。
ドッグフードだけでなく、おやつなど愛犬が口にする全ての食べ物が、これらの栄養の源です。

犬が必要とする栄養バランスは、人とは異なることから、総合栄養食などの市販のドッグフードは、様々な原材料を使って犬が必要な栄養素と栄養バランスを満たすように作られています。
また、商品のパッケージの裏面にある、給与量は目安なので、愛犬の成長や加齢、筋肉量や運動量、代謝量など、変化に合わせてドッグフードの量を調整して与えることが基本です。

タンパク源は動物性食材でしっかり吸収

また、犬の身体的な特徴(犬の顎と歯、腸の長さ、消化器官内の消化液など)をみると、かわいい小型犬から大きな大型犬まで、『肉食動物』の消化器官や消化システムは、基本的にほぼ同じですので、動物性の食材(鶏肉、ラム肉など)の消化に向いています。つまり、犬にとってお肉が中心の食事は、腸内の消化システムで容易に栄養素を取り込んみエネルギーへ変換できるというメリットがあるのです。

ドッグフードはどれも茶色い粒のため、一見何が入っているか分かりづらいですが、パッケージ裏の原材料表では、使用されている材料が重量割合の多い順に表示されています。タンパク源がお肉中心かどうかは、原材料表の1番上に何が表示されているかをみると確認できるでしょう。

タンパク質は体をつくる上で大切な栄養素であり、しっかりと吸収できれば愛犬の健康に繋がる大きなポイントとなります。

愛犬の体に日常的に関心をもつこと

病院で診察されるワンちゃん

愛犬の健康と毎日の食事は密接に関係しています。
今の食事量や栄養バランスが、愛犬に合っていなければ、体調に今までとは違う変化が見られる可能性があり、その様な体調の変化を感じたら、今の食事やドッグフードを見直すタイミングだといえます。
(ただし、犬に病気が疑われるような変化・不調の場合には、獣医さんに意見を求めましょう。)

愛犬の体調の変化は、毎日見守ることで、その小さな変化に気づくことが出来きます。毎日という点が、忙しい日々の中では大変なことではありますが、いつもの触れ合いやコミュニケーションの中で、1日1回は意識的に愛犬の体調に意識をむける時間を作ってみてはいかがでしょうか。
慣れてきたら定期的にその状態をメモしておくと、記録にのこり便利です。

飼い主さんのちょっとした気づきが、病気の早期発見や、より良い愛犬の食生活、健康な生活につながります。

PoshPetがおすすめするおいしいドッグフードの選び方

お腹の中から健康に

■リガロ…栄養価が高く、消化に優れたお腹にやさしい素材を厳選したドッグフードです。肉をたっぷり使用していますので、腸に負担をかけることなく消化吸収され、効率的に栄養をとることができます。

 

■ロータス…おなかの中から健康にするためにプロバイオティクスであるアシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌を配合しています。腸内でプロバイオティクスの増殖を助けるプレバイオティクスとしてチコリ根も一緒に配合されています。

 

安全な食材と品質で健康に

■キアオラ…ニュージーランドで獲れた良質なお肉や魚介類の素材を原料にしています。ニュージーランドはきれいな海に恵まれ、BSEのような家畜の疫病のない世界的に評価の高い優良品種を育てるのに適した環境で、厳格な検疫体制が確立され製品の品質は、世界でもトップクラスです。

 

■オネストキッチン…最終の製品がアメリカの人用の食品に認められている厳しい基準を満たしている100%ヒューマングレードのドッグフード。家畜用の基本基準を満たしているフィードグレードのドッグフードとは違い、人用の食品工場で製造され、皆さんが食べるような食品と同じ品質の素材が使用されています。

 

正しい計量にはこちらも

最近チェックした商品