プレミアムドッグフードのすすめなら【ポッシュペット】

絞り込み

ドッグフードのブランド

商品カテゴリから探す

プレミアムドッグフードのすすめ

ワンちゃん「もっとおいしいごはんが食べたいんだけどな。」あなたの愛犬、実はこんな不満を持っているかもしれません。「おいしくない」その原因は、原材料にあるのかもしれません。大切な家族の食事。「献立」とも言える、ドッグフードの原材料。ちょっとパッケージの裏面に注目してみてください!ワンちゃん「もっとおいしいごはんが食べたいんだけどな。」あなたの愛犬、実はこんな不満を持っているかもしれません。「おいしくない」その原因は、原材料にあるのかもしれません。大切な家族の食事。「献立」とも言える、ドッグフードの原材料。ちょっとパッケージの裏面に注目してみてください!

ワンちゃんには、「餌(えさ)」ではなく、「ごはん」

ちょっと昔、毎日の食事は、ドッグフードではなく人間の食事の残飯、もしくは、ドッグフードでも安価で大容量のドライフードを常備して「餌(えさ)」と呼ぶ人も多い時代がありました。
近年では、マンションでの小型犬の飼育が増え、家の中で家族同然として生活するスタイルが当たり前になりました。
ワンちゃんの毎日の食事を「餌」と呼ばず、「ごはん」と呼ぶ飼い主さんが増えています。

今までは牛や豚などの餌が原材料!?

今でも多くのドッグフードは、人間が食べる食事の材料とは異なり、牛や豚、鶏などの経済動物の餌と同じ畜産副産物(人間の食用にはできない食肉の部位)や、穀物(トウモロコシや小麦)が主原料となっているのをご存知でしょうか。

あなたの愛犬、実はこんな不満を持っているかもしれません。
「おいしくない」

家族同然に生活するワンちゃんが、ドッグフードを美味しく食べていない理由は、元々肉食動物である「犬の本能」と、食事の献立と言えるドッグフードの原材料が合っていないことに原因がありそうです。
大切な家族の食事、栄養のバランスや健康にも配慮しつつ、毎日「おいしい、おいしい!」と言ってモリモリ食べてくえると嬉しいですよね。
ここからは、ドッグフードの原材料に注目して、「美味しいドッグフード」とは何なのか、詳しく調べて行きたいと思います。

ドッグフードの種類と特徴

ワンちゃんのドッグフードには「ウエット」「ドライ」といったフードの種類があり、その特徴をすでにご存知の方も多いと思いますが、改めてドッグフードの種類と特徴を整理すると…
ドッグフードは「含んでいる水分量」に応じて呼び名が変わります。

ドライフード(水分量10%以下)
ドライフード(水分量10%以下)

最も身近なドッグフードの種類が「ドライフード」でしょう。

ワンちゃんが食べる際に「カリカリ」と気持ちの良い音を立てるので「カリカリ」と呼ぶ方もいらっしゃると思います。
加熱処理がされた水分量10%以下の固形フードで、文字通りドライで固いつぶです。風味が出づらいので多くのドッグフードはオイルスプレーがされています。
カビにくく、酸化の速度も他の種類と比べてゆっくりのため、開封後の保存期間が長く、おうちでも扱いやすい点が特徴である。

ドライフードの大半が「総合栄養食」※です。

セミモイストフード(水分量25~35%)
セミモイストフード(水分量25~35%)

しっとり、モチモチしたタイプのドッグフードがセミモイストフードです。
ドライフードをふやかして、肉の食感に似せたものや、スティック状のおやつなど、柔らかくて高齢のワンちゃんでも食べやすいのが特徴のフードです。

湿潤調整剤などで乾きを抑えていますが、開封後はドライフードのように長期間の保存は効きません。

総合栄養食の他に、「一般食(トッピング食や間食)」もあり、毎日の主食にする際は「総合栄養食」※と書かれているものを選ぶ必要があります。

ウエットフード(水分量75%以上)
ウエットフード(水分量75%以上)

缶詰やレトルトパウチされた水分を多く含むドッグフードです。
肉や魚といった穀物以外の素材を多く使ったものや、スープ状の嗜好性が高い「料理」として加工されたものが多く販売されています。
食べやすいため、噛むことによる満足感が得づらく、「もっとちょうだい♪」となりがち、与えすぎないように注意が必要かもしれません。

長期間の保存が効きますが、開封後は当日に使い切ることをおすすめします。

セミモイストフードと同様に、総合栄養食の他に、「一般食(トッピング食や間食)」もあり、毎日の主食にする際は「総合栄養食」※と書かれているものを選ぶ必要があります。

※総合栄養食とは
ペットフード構成取引協議会が定める栄養基準を満たしたドッグフード。
総合栄養食のドッグフードには、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」または「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」といった記載がパッケージに記されています。

犬は穀類や炭水化物の消化が苦手

犬は元々肉食動物です。
狼だった昔から今に至るまで、肉食動物として生きてきた身体は、肉の消化や吸収は得意でも、穀類や炭水化物を消化して栄養を得るのは苦手なつくりになっています。
ですから、お肉の味やにおいがついていても、トウモロコシや小麦粉の穀類は体がうまく消化してくれません。
そんな特徴の身体で、毎日穀類や炭水化物メインのごはんを食べ続けたらどうでしょう?
必要な栄養素が不足した場合、風邪や体力の低下しやすい季節などに、免疫力が低下してしまうかもしれません。
そうなると身近な健康トラブルであるアレルギーも心配になってきますのでわんちゃんにはしっかりと栄養を得てほしいですよね。

犬
ドライフードの主原料は穀類!?

元は肉食動物という犬本来の特徴を考えた場合、毎日の食事は肉中心にしたいところですが、ワンちゃんの主食として最も身近な「ドライフード」の原材料を見ると、お店に並ぶ多くのドッグフードには、最も含有量の多い材料に、「穀類」「トウモロコシ」「小麦」と記載されているものが多いということに気付かされます。
かつて「餌」と呼ばれていた時代から、ドッグフードの主原料は、「副産物」と呼ばれる、人間の食用には使えない加工時に残った牛の内臓や骨を使用したものや、トウモロコシや小麦に「添加物」によって「肉風味」に加工されたものが大半でした。

穀類

現在では、ワンちゃんの健康を害さないよう、栄養基準も厳しくなり、穀類が主原料のドッグフードも栄養バランスに配慮され、質の進化は著しいのですが、それでもあなたの愛犬であるワンちゃんが、肉食動物の本能を捨てて肉よりもトウモロコシを好んで食べているシーンは、イメージつかないのではありませんか?

パッケージの裏面を見てみよう

では、あなたの愛犬は、今、どんなドッグフードを食べているのでしょう。
パッケージの裏面を見てみましょう。 原材料の表示順は、使用されている重量の割合が多い順に表示するよう「食品表示法」によって定められています。

1番に記載されてるのは「肉類」「ビーフ」「チキンミール」などでしょうか?それとも「穀類」でしょうか?
ドライフードを購入するときから、パッケージの裏面に記載されている原材料に注目して、どんな献立の料理を愛犬に食べさせたいか考えながら選んでみてください。

商品名
ワンだふるな食卓 こだわり素材ビーフ入り 1歳からの成犬用
原材料
穀類(パン粉、小麦粉、トウモロコシ、小麦グルテン)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフ、ポークミール、ビーフミール、ササミパウダー)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆エキス、大豆タンパク)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、乾燥小魚、ビール酵母、セルロースパウダー、粉末水あめ、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、加工デンプン、調味料、ソルビトール、保存料(ソルビン酸K、ソルビン酸)、グリセリン、プロピレングリコール、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、pH調整剤
食いつきが違う、健康に配慮したプレミアムドッグフードとは?

ワンちゃんの「食いつきが悪い」「美味しく食べている実感がわかない」といった飼い主さんや、アレルギーや健康面で不安を抱えている飼い主さんは、プレミアムドッグフードと呼ばれるドライフードに注目してみてください。
ドッグフードメーカー各社は、あなたのように、ドッグフードを「家族」の食事としてとらえる飼い主さんが増え、愛犬の健康志向の高まりから、「人間の食事と同じレベルの原材料」を使ったプレミアムドッグフードの開発・販売に力を傾けるようになりました。
プレミアムドッグフードは、トウモロコシや小麦と比べ、原材料費が格段に高くなってしまうため、ドッグフードの単価も高めですが、元々肉食動物であったワンちゃんですから、やはり肉が主原料となっていて、安全に配慮された材料を使っているほうが安心ですよね。

愛犬の食いつきや健康を第一に考える飼い主さんは、ぜひドッグフードのパッケージ裏面を見て、原材料で「肉」が主原料となっているプレミアムドッグフード商品を選んでください。
プレミアムドッグフードならワンちゃんが持っている犬の本能が目覚めて「おいしい、おいしい!」と言いながら、モリモリ、パクパクとプレミアムフードを食べるワンちゃんの姿を見ることができることでしょう。

更に、健康を考えるなら、このキーワードにも注目

グレインフリー(穀物不使用)

グレインフリードッグフードとは、原材料にトウモロコシや小麦といった穀類を含まないドッグフードです。
「グレインフリー」という表現がパッケージに記載された商品のパッケージ裏面をチェックしてみても面白いですよ。
食物アレルギーが疑われるワンちゃんには、グレインフリーを試してみてもいいでしょう。

PoshPet(ポッシュペット)がオススメする「肉」が主原料のプレミアムフード

最近チェックした商品